気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

002 ホントに「なんでもいい」?

カバナです。

「なんでもいいから」人に負けないものがあるといい、と言われました。
褒めることが大事、個性を尊重しよう、と
言われるこの時代。

さて、本当に「なんでもいい」って思ってますか?

給食を残さず1番に食べ終わる我が子より
漢字テストがいつも満点なあの子を
羨ましいと思いませんか?

漢字テストがいつも満点の我が子より
競泳で県代表に選ばれるあの子を
羨ましいと思いませんか?

まぁ、比べる種類が違ったりレベルが違ったり
言い出したらキリがありませんね。

というわけで私は「目の前の1位」を純粋に一緒に喜ぶことにしています。

そうすると子どもたちも
自分以外のいろんな「1位」情報を持って帰ってきます。
・漢字テスト満点連続記録
・大縄飛び記録
など、スタンダードなものから
・女子から告白された人数記録
・連続ゲップ回数記録
まで(笑)

ポイントは興味を持って一緒に驚いたり尊敬したりすることです。
そして、私は大人げないので、自分の方がすごかったら、ちゃんとそう言います。
私も負けないけどね、と(笑)

そのくらいの方が表面的な会話じゃなくて
ちょうどいいはずです。たぶん。