気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

005 お手伝いしてほしい

カバナです。

お子さんたちは「お手伝い」してくれますか?

我が家は、平日夜はお手伝いしてもらうことが多いです。
というか、お手伝いというより
みんなで同時進行しないと処理しきれない。

本当は私が帰ってきたときには
ご飯が炊き上がってて、味噌汁ができてて…
くらいしてあっても良いのでは?
とか思ってますが💦

「お手伝い」は気持ちよくやってもらいたい❗というのが、根本にあるので
声のかけ方には気を付けています。

今までで、うまくいったなぁと思った声かけは
こんな感じ。

・ご飯の水加減は◯◯の方がうまいかな(本人にこっそり伝える)
・腕力のある方の人、野菜炒め作ってくれる?
・きゅうりはどうやって食べる?好きな調味料出してくれる?
・味見して~

おお、書き出してみると傾向が見える(笑)
上の二つは長男向けで
下の二つは次男向け
の声かけです。

これ、小さい頃から。
そう、小さい頃から習慣化するのが効果的ですよ。
家事は家族のみんながやって当たり前、という
雰囲気作り。
母もラクだし、
子どもたちも家事スキルを身に付けられます。
もっと言えば、我が家の男子たちを
家事はお手伝いではなく当たり前のこと、な
大人にしたいのです。

さて「味見」は、ちびっこには魅力的な言葉です。
もちろん、味見して~と呼び出して
しっかり作ってもらっちゃいます。
酢の物とかポテトサラダとかね。

サラダの盛り付けとかも子どもは好きなので
「あ~私センスない」とか言ってると
近寄ってきます、ので、つかまえます(笑)

気持ちよく手伝ってもらえば
こちらも気持ちよくお礼が言えます。