気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

007 平等ってどういうこと? 役員決め

カバナです。

ちまたでも騒がれていますが
PTA役員決めるのって大変ですよね。
保育園や小学校、中学校、少年団と
私もいろいろな場面で役員をやっています。
立候補したものもあったし
くじ引きで当たってしまい不本意ながら…というものもあります。

今日はその役員の是非はおいといて
やらなくちゃいけない仕事がある前提で
どうしたらみんなが気持ちよく過ごせるか、を
考えたいと思います。

今まで嫌な思いをしたのは3回。
①ペアになった人が、集まりに1回も来ない。
②役員をしていた二人が、仕事分担でもめて崩壊。決め直し。代わりにやります、という人がいなくて大もめ。
③役員がメンバーへの仕事をきっちり割り振りすぎて窮屈

いかがでしょう?
あるあるですか?
上記以外は、「思い返せばめぐまれてたな」と思えるくらいの役員ライフでした。

じゃあ、なんで嫌な思いしちゃうのか?
最近、うまくいかないキーワードを突き止めました。
それは「平等・公平」です。
上記②は一方の役員が「私ばっかりやってる」「平等じゃない」と相手の方を追い詰めたことが原因。
③はみんなが同じ回数の仕事を担当できるようにきっちり決めて、決めたことから外れた行動をすると陰でいろいろ言われる。あの人は軽いものしか運ばない、とか(笑)

そもそも平等ってなんなのか?
物量的なものを同じ数ずつ割り振ることが平等なのか?

例えば、クラスの子どもたちに
何かの授業の「先生」を順番にやってください。
平等になるように1人二回ずつ必ずやってくださいね!
と、言ったらどうなるか?

次男の回答は
「そんなのムリだよ!」
「教えるところまで理解できてない人だっている」
「人前で話すのが苦手な人もいるし」
「それでも必ずやらなくちゃいけないなら…二人でやるとか生徒役が超フォローするか」
とのこと。

小学生の子どもでも「同じ数ずつ割り振ること」が現実的でないことがわかるのに
なぜ、お母さんたちはムリなのかなぁ…

ここで「理解できない人もいるってことを受け止めて」、動ける人がうまく動くのがポイントです。

上記①は一見、すごく大変そうですが
クラスでの仕事は通りがかりの別の役員さんが
手伝ってくれたり、
基本的には学年全体で動く仕事だったので、私が二倍の仕事をするってことにはならず助かりました。
これもまた「クラスの仕事分はクラス内で片付けて」っていう人がいなかったからですよね。

ただ、うまく動かないと

あなたが動きすぎると
あの人が甘えちゃうから
セーブしてね

って言われちゃうけど(笑)