気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

011 求む! 若い力!

カバナです。

先日、中学校の授業参観で
「将来を考えよう」的な授業を見てきました。

町の風景を切り取ったイラストを見ながら
どんな仕事があるか、意見をだします。
それぞれ自分はどんな職業につきたいかな…と
考えつつ
じゃあ、中学卒業後はどんな選択肢があるのか?
高校、高専、専門学校、大学ってどんな仕組み?
というのを学ぶ授業です。

思春期の彼らを前に
このイラストの中に
自分のやりたい仕事がある人?ってたずねて
はい!はい!って手があがるとは
当然思っていません。

しかしながら、
イラストから「仕事を探す」という作業が
誰もできずに、教室に気まずい空気が流れる…
というのはどうなのか!?と
思いました。

さすがに先生はもう少し話を広げてほしかったな。
私が代わりに話をしようかと思いましたが
我慢しました(笑)

4階建てのビルが描いてあって
窓を拭いてる人、中でエアロビしてる人が
見えるんだけど、その2つしか見つけられないなんて!
ビルを取り巻く「お仕事」の話をしたら
一時間くらいあっという間。

イラストなんかなくても
「キミ、サッカー部だよね? プロになる?」から始まってスポーツを取り巻くお仕事の話もできるよね。
「マンガ好き?」「YouTuberってどうやって生活してるか知ってる?」「学校を取り巻く仕事はどんなのがあるかな?」

先生には
そういう見える「何か」から見えないお仕事まで
掘り下げられるんだよ、っていうことを
子どもたちに伝えてほしかったな。
表面的な社会だけ見て
将来なりたいものがないって
モジモジしてる子が少しでも減るように!

世の中にはたくさん仕事があって
若い力を求めてるんだって
伝えたいです。
小学生くらいから
そういう授業があってもいいかもね。

学校でそういうことを教えてくれないと
子どもの格差はどんどん広がっちゃうよ、と
思いました。