気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

012 なぜ働くか

カバナです。

仕事と育児の狭間で
何年も揺れながら生活していますが
みなさんは、どうして働いているのですか?

これも正解はないので
自分の中に答えがあって
他の人に強制しなければ
それでいいと思います。

私は
①いつでも離婚できる経済力を持つ
②私のような働き方でも、仕事も子どももそこそこいい感じになることを証明したい
③先に逝ってしまった後輩にまだ怒っている

①は明確ですね~。
これは私の環境がもたらした信念ですが、お金がないからダメな男と離婚できないってのは避けたい❗ 急に捨てられる可能性もあるわけですが(笑)
どちらにせよ、経済的自立は必要です。
今のところ、離婚したいと思ったことは1度もないけど。

②もそのまま。
働いてるから子どもが不良とか、子どもがいるから職場のお荷物、とか、そういう時代ではないはずなんだけど、なかなか偏見は消えない。
社内の歴史に、バリキャリでもゆるキャリでもない例をひとつ作っておきたいな、とも思ってます。

③はちょっと重い話だけど。
私が最初の育休明けで仕事が満足にできず、
給料泥棒だなぁ、仕事やめようかなぁと
メソメソしていた時期に
別の理由で仕事を120%でできないことを悩んでいた後輩がいたんですね。
彼は真面目すぎて先に逝ってしまった。

私はずっと怒ってるんです。彼に。
120%で働けないからなんなんだ⁉️
何に対する120%なんだ!? と。

次に会ったときに
私はのらりくらりと生き抜いて見せたよ、と
ピースサインができるように最後まで働き続けるつもりです。

仕事がツラくなったら
なぜ働くか?をもう一度考えてみる。
自分本意だけど、かっこつけてない
本当の気持ちを目標にしたほうが
くじけずに済むはずです。