気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

024 習い事の月謝、妥当ですか?

カバナです。

各ご家庭いろんな習い事をされてるかと思いますが
月謝、妥当だと納得してますか?

納得している方は大丈夫です。

納得されてない方、一緒に考えてみませんか?

納得できない理由としては
ただただ高すぎる
値段のわりに成果が出ない
指導者の質が悪い
丁寧に見てもらえない
等でしょうか?

さて、ここで皆さんにお聞きしたいのは
「お月謝様」という言葉を知っていますか?

初めてその言葉を聞いたとき、衝撃でした!
あまり、自覚していなかったので。

学習塾で言えば
なかなか成績が上がらず
たくさんの科目やテスト対策コースなどを
受講している人は「お月謝様」です。

サッカースクールでは
通常クラスより月謝の高い選抜クラスに
定員合わせで入っている人が「お月謝様」です。
学習塾でも同じパターンがあるかもしれませんね。

分かりやすい言葉でいうと「カモ」です。

極端な表現をすると
習い事を習っている人は
評判をあげてくれる「広告塔」と
その会社を経済的に支援する「お月謝様」に
分かれている、ということです。

さて、皆さんはどちらに当てはまりますか?
「お月謝様」になっていませんか???

自分が「お月謝様」チームだと自覚すると
ますます腹立たしくなりますね。

どうしましょう?

先方に文句を言う。
辞めて他に移る。

それもアリなんですけど
そういう意識だと
どこへ行ってもお月謝様です💦💦

その場で得られる成果を幅広く見つけてみませんか?
塾は成績をあげるため、受験に成功するために行っていると思いますが
他にも
友だちと通う楽しさ
正しい寄り道の仕方(女の子は長く引き留めちゃダメ)
上手なコンビニの使い方(お小遣いの使い方)
勉強する(しない)センパイの姿
先生の雑談(これが以外と影響力あり)
など、アンテナの張り方で
得られるものがたくさんあります。

勉強そのもの以外にも親が関心を持ち
情報を共有することで、
子どももその習い事に肯定的になるし
本来の目的に向かいやすくなると思います。

成長したら嬉しいし
月謝が高すぎる!なんて思わなくなるのでは?