気楽にいきるためのコツを探しています。

気楽に楽しく過ごしたいのです。心の整理と逞しさを磨きたい。

057 負けず嫌いを育てる

カバナです。

我が家は
長男がこっそり負けず嫌い
次男ががっちり負けず嫌い
です。

長男は中学生くらいになって
やっと自分の「悔しい気持ち」を肯定できるようになりました。
小さい頃は人前で悔しがらず
よくひとりで部屋にこもってましたから(笑)

次男は悔しくて泣くシーンが前より減ってきました。
泣いてもしょうがなくて、じゃあ、どうすれば良いか?と気持ちを切り替えられるようになってきた様子。

先日、どうして
常に負けず嫌いの気持ちをキープしていられる?
と聞かれました。
どうしたらそういう子に育つの?と。

確かに、負けず嫌い=向上心。
親としては子どもに是非身に付けて欲しい気持ちのひとつですよね。

私が意識していたのは
日頃から勝ち負けの楽しさを家族みんなで
経験すること。

子どもって「競争」が大好きですよね。
もう歩けなーいっていってる子に
じゃあ、あの角まで競争しよう❗っていうと
なぜか走れる、みたいな。
時間に余裕がなかった私は
そうやって子どもをコントロールしてきたので
結果、勝負事が好きな子どもたちになったのかも。

他にも旅行先で寝る場所を決めるとき
次の日のアクティビティを決めるとき
トランプの勝敗で決めることにしています。
ババ抜きはたいしたスキルがなくても
ある程度、運で決まるので
年齢差があっても平等に戦ってる感じがするので
おすすめです。
悔しくて泣いたり勝利の雄叫びをあげたり
盛り上がりますよ。
日頃から勝敗が決まることの醍醐味に触れることも大切だと思います。